時差ボケを予防するには

海外旅行で悩まされるのが時差ボケですよね。たった1時間の時差でも辛く感じる人もいます。日本では寝る時間なのに旅行先は昼の時間帯となると、眠気を我慢しながら活動しなくてはいけません。一方で寝ないといけない時間なのに目が冴えてしまって寝付けないこともあります。時差ボケを予防するには飛行機の中の活動に注目です。飛行機に乗ったら、現地の時間に合わせて過ごしましょう。現地の寝る時間になったら飛行機の中で眠ります。これで少しは現地到着時の辛さが軽減されるでしょう。もし現地の寝る時間に眠れなければ、メラトニンのサプリを飲んでみるのも手です。海外ではメラトニンのサプリが売っていますので、1錠チャレンジしてみたらどうでしょうか。

言葉の壁を感じるとき

海外旅行で困ることの1つは、言葉の違いでしょう。海外のほとんどのエリアは日本語が使えないので、ホテルのチェックインからレストランでの注文まであらゆる場面で心配な気持ちになりますよね。団体のツアーで行けば、添乗員さんが通訳代わりにいろいろと手助けしてくれますが、個人旅行だと自分一人で乗り切らなければなりません。全く言葉が分からなくても、「ありがとう」「すみません」のフレーズを言えるようにはしておきましょう。それから数字の1・2・3まで言えたらお店で何か注文するときに便利です。たしかに多くの国で英語が通じるのですが、英語で話しかけるよりもやはり現地語を使ったほうが相手の心理的にも嬉しくなるものです。